お店づくり豆辞典

人生ハッピーに行きたい人たちの開業のために必要な知識集です。夢の実現のために勉強を始めましょう!

2 テーマを絞る

なぜこのお店を持ちたいのか、無理がないのか? 発想の整理・整頓をしながら、開業のラフスケッチを作成してみましょう!

01Why?

なぜお店を持ちたいのか?

あいまいな答えではなく、明確な動機があるはず。他人から聞かれても、自信を持って夢を語れるようにしたいものです。

02What?

売り物が何か?システム・サービスの内容は?

「これを売りたいんだ」「どうやって売るんだ」という所に、他店との差別化が必要になります。成功の秘けつは、オーナー自身が「好きなもの」や「必要と思えるもの」を売る姿勢や、「あなたを大切に考えています」と伝わる接客サービスを心掛けることのようです。

03Where?

どの立地環境が自分たちのターゲットに合っているのか?

売り物が受け入れられる立地をしっかり想定し、現地を歩いてみると意外なヒントがみつかることも。 悪立地でもなんとかなるというのは特殊なケースと考えましょう。

04Who?

客層ターゲットはどんな人たちか?

ターゲットを絞ってお店づくりをすることで、お店のあり方がはっきりすることがたくさんあります。その結果、ターゲット外の思わぬ来店もあり、繁盛店となるケースがめずらしくありません。

05How ?

ノウハウはあるのか?

オリジナリティーを発揮するには、裏づけがなくてはいけません。思い込みではなく、はっきりとした技術や情報を収集しましょう。

06When?

いつ開業させたいのか?

ほとんどのお店が半年間くらいの期間を経て開業されています。早く早くというあせりは絶対に禁物。開業後の修正はかなり難しいと考えておくべきです。

07How
many?

スタッフはどれくらい必要か?

運営スタイルを想定し、スタッフ人員などを計画しましょう。店舗経営では人件費が一番高い構成比となるので効率を重視しましょう。サービスレベルがさがるような削減はボディーブローのようにあとから効いてくるので注意が必要ですね。

08How
much?

開業資金の総額や資金の使い方

最も大切な資金、思わぬ出費が発生し、予算オーバーとなることが多いようです。運転資金や広告・宣伝費などの予算も忘れないようにしたいものです。もう1つの店舗経営とも言えるネットショップ開業も資金が必要ですが、最初から意識をしてやっておくと後々効果がでて、経営が楽になるとも限りません。
「できることはやる!」の精神でチャレンジしてみて欲しいですね。

自分の気持ちに強い意志とパワーが確認出来たら発想の整理整頓をしてみましょう。「テーマを絞る」というのは事業計画を作るためのラフプランのこと。今後の活動の基礎になるもの。自分の気持ちに素直にゆっくりと丁寧に考えていきましょう!
理解者や協力者を求める時に必要になるので、キッチリと書式にまとめたいものです。このシートがあれば、ある程度の借入相談も可能です(言葉だけで信頼を得ることは難しいと思います)。

その他の活動について

graphicco Gon Gari Gari Acchi Kocca roomic note
(株)スーパーボギープランニング
名古屋市千種区見附町1-3-4 052-789-1343
Copyright © 2014 superbogey All Rights Reserved