相談会の報告

いままで相談に来て頂いた方とこんなお話をしましたよ!
不安に思っていること、一度、是非相談に来てみて下さい。
話すことでまとまったり、アイディアをお話し出来るかもしれません、

お電話でのご相談は... 0120-89-1343
開催日・訪問者 ご相談内容 アドバイスのポイント

2003.12.22

・20代後半のご夫婦

「デザインにこだわった家をつくりたい」

「構造とコストの関係を知ってから活動に入りたいのですが」 シンプルさは鉄筋コンクリート壁式構造がバランスがいいのですが、コスト面ではやはり木造ということになります、インテリアにこだわるのなら木造にして 費用バランスを考えた方が得策ですね。

2003.12.20

・20代後半のご夫婦

「レトロチックカフェを作りたい」

「トータルデザインで協力してもらえますか?」 オーナーのやりたいこと、立地条件、将来性、いろんなこと一緒に考えて、1つのモノづくりが完成されます、妥協せず、やりたいことを懸命にやる!って気持ちがあれば何も心配はいりません。

2003.12.20

・30代前半の男性

「開業10周年を記念してリニューアルを計画したい」

「あんかけスパゲッティー専門店をもっとらしくしたい」 10年間来て頂いている客層(世代)を無視することなく、イメージアップを考えることが大切で、完成度が高ければ、その世代以外の層も増えていくはずです、特に大切なのは色展開で、色のトーンが世代を決めて行きますね。

2003.12.13

・20代後半の男性

「○ー○専門店のチェーン店化を実行したい」

「商品開発はほぼ完成したので、出店先を決めたいのですが発想の原理はどんなでしょう!?」 チェーン店化の1号店ともなると一般的に目立つことが優先されるので、とにかく数多くの人の目に触れることが大切ですね、それと運営ノウハウを蓄積させるためにもターゲットの絞り込みが大切、ということは自ずとターゲット層が多い場所選定が大事ですよね、当たるもはずれるも場所選定が最もむつかしいことですね。
「全く新しい業態づくり」 「非公開」 非公開:とっても人のためにもなる業態だと思いましたね、なんとか形にしたいものです。

2003.12.5

・30代前半の男性

「3代続いた宝石店を改装したい」

「改装の発想原理を知りたい」 ただ奇麗になっただけの改装はどうかと思います、やっぱりポイントは「1つは今までの反省を正直にやる、1つは今までやれなかったことをやる、そして頑張れる場所を手に入れること」ですね、思いっきり悩んでみましょう!

2003.11.16

・30代前半のご夫婦

「住宅を用意したい」

「新築かリフォームかで迷っている」 中古住宅を購入してリフォームするか、土地を買って新築するか、迷うのはトータル資金の差、でも、どんな生活がしたいのかを考えるべき、こだわりの強い人は単純に新築だと思うなぁ、資金に無理があるとわかった時点で考えればいいから、今は夢を追いましょう!ってお話しました、「やってみます!」ってきっぱり言われたオーナーの目が輝いてたなぁ!

2003.11.15

・30代後半の男性

「カフェに新しい風を」

「トラベルカフェを事業化したいので協力してほしい」

「賃貸マンション建設と合わせて進めたい」

旅行業務取扱主任者の資格を持っての事業化は真似しにくいカフェ業態なので、発想のまま突き進んでいけばおもしろい世界が広がるのでは!と応援したい気持ちになりました、1年後のオープンを目指して今はもっと多くのモノを見ましょう!とお話しました。

2003.10.30

・30代の女性

「小ちゃくても素敵なエステティックサロンをつくりたい」

「費用をかけなくても個性的なショップはつくれるでしょうか」 一点主義的に「ここはっ!!」っていう部分に費用をかける特徴的な作り方があると思います。例えばサインを兼ねた家具やオブジェ、時にはグラフィックデザインを空間デザインに大きく展開したり・・・。どこまでできるか!?それはオーナーとの2人3脚による発想力と努力ですね。」

2003.9.11

・40代のご夫婦

「洋食屋さんみたいなら~めん屋さんをつくりたい」

「新しいら~めん店をつくりたいのでトータルデザインで協力してほしい」 がんこな職人!みたいな見せ方が多い業態に逆らって気やすい雰囲気のら~めん屋さんてないから、このまま直球勝負で行きましょう!ってお話をしました、すごくイメージが湧いてくるお話なのでオーナーのイメージを実現する手助けをしていきたいと思いましたね。

2003.9.9

・40代の男性

「さぬきうどん店をカッコよくオープンさせたい」

「店鋪デザインからグラフィック制作までのトータルデザインで協力してほしい」 なんとなくチェーン店かなっ? って思えるお店づくりではなくて職人魂を感じさせる雰囲気をまとうお店を目指しましょうってご提案しました、「よしっ!」って気が入った顔をされたのが印象的でしたね。

2003.8.17

・30代後半のご夫婦

「店鋪併用住宅を作りたい」

「和食器販売とカフェを併用したいのでお店づくりから全てをお手伝いしてほしい」 このタイプのお店づくりは優雅さと豊かさがキーワードになることで根強いファンを獲得できるのではと言ったことなどをお話して意気投合することができました、穏やかな時が流れるようなお店が減ってしまったので、お話をしていて気持ちが良かったですね。

2003.8.15

・30代の男性

「居酒屋を居抜きで手に入れて改装したい」

「ダイニング系の居酒屋ではなく、昔ながらの店づくりを目指したいので、協力してほしい、東京に気になるお店があるのでプラン開始前に一緒に見に行ってほしい」 しっかりとコンセプトもできている状態なので、あまり枝葉を付けずに、1本筋を通していければ素敵なお店ができると思います、35才以上をターゲットにした多店鋪化計画って魅力を感じるけれど、「ここでしか」という何かシンプルな商品開発をしてほしいですね。

2003.8.14

・30代後半の男性

「家業の喫茶店をスタイル変更したい」 *賃貸マンションを建築して1階に

「家業の喫茶店(創業30年余)を継ぐことになったので、自分らしさのあるカフェスタイルを作り上げたいので協力をしてほしい」 今的なカフェを目指すのではなく、昔からそこにあったような「憩いの場」としてのカフェーを目指しながら、新旧一体となった店づくりが地域密着して愛されるのではないかというお話をしました、朝早くから夕方までのお店が最適な立地なので。

2003.7.19

・20代後半のご夫婦

「シンプルでインテリアにこだわった家をつくりたい」

「勉強を始めたばかりなので、いっぱい聞きたいことがあるのですが、第1は要望を聞き入れてもらえるかってことなんですが」 いい家づくりって、こう思うんですけど、オーナーのご要望とそれを踏まえた上で提案する建築家やデザイナーの発想のミックスがいいモノづくりにつながるんじゃないのかな、だからオーナーはいっぱい要望を言ってしまえばいいんじゃないですかね!考えることが好きなんですから僕たちは。

2003.7.19

・30代の男性

「パスタ専門店を開業したい」

「物件を探している段階なんですが、決め手は何んなんでしょうか? なんかコツってあるんでしょうか?」 コツってわけじゃないですが、他業種の繁盛店が近くにあって、自分の業態が望まれているのではないかとピ~ンっとくる感じを大切にすべきですね、あとは提供できる商品の価格がその地域に合っているかってことが大事ですね。

2003.6.9

・30代前半の女性

「ヘアサロンの新規開業」

「インテリアデザインからグラフィックデザインまでのトータルデザインについて、一緒に考えてほしい」 広告、宣伝のためのグラフィックデザインを進めながら、インテリアデザインをイメージしていく方が統一感や大胆さを作り出しやすいので、迷うことも少ないのではと言ったお話ができました。

2003.4.19

・30代前半の男性

「インテリアショップの2号店づくり」

「新しいショップスタイルを作り出す元になるアイデアはないでしょうか?」 パッケージ提案(インテリアコーディネイトをセット化した商品群)やコンサルティングを前面に押し出したような経営スタイルを発信していく方法はないか、など突っ込んだお話をしたりしました、数ある雑貨店の中に埋もれてしまわないような努力が必要ですね。

2003.2.14

・30代前半の女性

「キッズ英会話教室を一戸建てで建設したい」

「2号店(住宅兼店鋪)のサイン計画をどのように進めればいいか一緒に考えてほしい」

「3号店を定借の土地で計画しているので、 どんなコンセプトで建設するかを一緒に考えてほしい」

2号店のサイン計画については単独で考えるのではなく3号店の計画と同時に行わないとムダになることが考えられるため、時期尚早ではないかと言うお話や、3号店についてはアメリカンポップな雰囲気など英語会話が似合う場をつくり出してはどうかなどのお話で意気投合しました、今後はメールでのアドバイスを続けることになりました。

2003.1.28

・30代前半のご夫婦

「アトリエ付きの住宅をつくりたい」

「アトリエは将来店鋪にすることも考えながら住宅建設を考えているが、予定している予算で可能かを聞いてみたい(業態はフローリスト)」

「全く色のない無機質で、家具類も全くない空間を考えているが、そんなものができるのか聞きたい」

納戸やクローゼットを広めに計画することと床面の高さを変えたりすることで寝そべるリビングにしたりなど家具を置かない設計は可能ではないかと言ったことや、予算配分のお話をして、充分予算でできるのではということで盛り上がりました。

2003.1.17

・30代前半の御夫婦

「カフェ開業の前にまず住宅をつくりたい」
…神奈川県から来てもらって

「お母さんのために居心地のいい家をつくってあげたくて、今ある土地にどんなものが建てられるのか学びたい」

「ボギーの作品にあるような、白い箱形住宅が好きなので、コスト面などを聞いておきたい」

北側斜線規制や道路斜線などの空間規制のお話をしながら、こんな形も考えられるといったことを絵を描きながら説明してスケジュールなども話し合いました。資金的にも全ての準備が整っている状態なのでスタートを切る時期の問題だけなのですが。

その他の活動について

graphicco Gon Gari Gari Acchi Kocca roomic note
(株)スーパーボギープランニング
名古屋市千種区見附町1-3-4 052-789-1343
Copyright © 2014 superbogey All Rights Reserved