相談会の報告

いままで相談に来て頂いた方とこんなお話をしましたよ!
不安に思っていること、一度、是非相談に来てみて下さい。
話すことでまとまったり、アイディアをお話し出来るかもしれません、

お電話でのご相談は... 0120-89-1343
開催日・訪問者 ご相談内容 アドバイスのポイント

2013.12.13

・30代のご女性

「ロフト付き住宅を新築したい(長野県)」

土地は現金で購入予定なのですが、建物はどうしようか迷っているので、どれくらいのものがどれくらいの費用でできるか教えてほしい!」 デザインによって大きく違うことは容易にわかってもらえると思うのですが、木造で坪60万円くらいを想定すれば大抵のことはできると思いますが、敷地が小さいなど、工夫を必要とすればするほど坪単価は上がって行くと考えた方が無難ですね。でも、坪60万円くらいまでに押さえないとあがってしまうばかりですね。

2013.12.13

・40代の男性

「歯科医院を大改装したい!」

「ボギー作品にあるような歯科医院にしたいと考えているので、いろいろ多くのことを話したい!」 いっぱいお話をしながら進めるのはこちらも願ってもないことなので、1度、現地を見に行きましょうか?見ればそこでだいたいのプランニングも思いつけるはずなので、具体的なお話もできると思いますよ。色彩があり、女性やこどもに愛される施設を目指したいとのこと、まったく同じ考えで提案したいですね!

2013.12.13

・30代のご夫婦

「動物病院を新築したい!」

「土地購入が3月初旬と決まったのですが、このままだとどのような予定になりますか、そしていつデザイン契約をしたら良いですか?」 5月末に見積もり依頼をして、その後のスケジュールを決め、工期を5ヶ月と見ると完成が年内となりそうです、なので、希望している2月初旬オープンは順当だと思います。ということはデザイン期間がなくなってきているので、すぐにでもデザイン契約のお話になれるような進め方をしないといけませんね!

2013.12.12

・30代の女性

「料理教室を開業したい」

「物品販売も考えたいので物件探しで悩んでいる」 今まで1番多かったのは、物件探しの地域をあまりに狭く限定し過ぎていて、巡り会えなかったケースですね、会ってしまえば一目惚れってケースもままあるのですから、せめて区、くらいに絞るようにして探すべきですね、そういう視野だと意外性の物件にも出会えるかも、という柔軟性が大事ですね!

2013.12.10

・30代のご夫婦

「洋感覚の寿司と日本料理店を住宅を改築して、店舗付き住宅として作りたい!」

「何から手始めにすべきかを指導してもらいたい!」
「ボギーデザインの○○○○のようなお店にするには」
先ずは現況把握と概算計画と資金調達目標額の設定をすみやかに進めて、事業計画書の作成をしないといけませんね。1番やってほしいのは、これを機会に財務税務の勉強をしてほしいのです、ご紹介しますので税理士と面談してほしいですね。デザイン性は言うことなしで心配なことは何もないので、計画内容をどんどん充実させてください。

2013.11.22

・40代の女性

「不動産業を営んでいるのですが、お客様を紹介したい!」

「店舗付き住宅の新築を考えている方にご紹介したいのですが。」 ありがとうございます、オーナーに直接お話を聞かせて頂くにあたって、ボギーの作風を気に入ってもらってるととっても嬉しいですよね、ただ、生意気を申しますが、多くの中の一人、ということでのお話し合いということだするならご辞退させて頂きたいと思います。分かり合える仲であることが最低条件のスタート条件だと思っています。ほんと申し訳ありません。

2013.11.21

・40代の男性

「美容院の設計をお願いしたい!」

「設計・施工会社ですが、デザイン提供は可能でしょうか?」 申し訳ありませんが、ボギーは開業以来オーナー直での業務にこだわりがありまして、辞退させて頂きたいと思います。今後もこの方針にこだわりを持って行きたいのです、生意気な申し入れでかえって恐縮ですみません!

2013.11.14

・40代の女性

「ネイルサロンのリニューアル」

「開業5年でのリニューアル、業態改革を含めたいのです。」 売り上げ貢献度の高いモノが現在どれだけあるのか、または持続できるのかを知りたいですね、それによっては新業態としてブランド化を進めるべきかも知れませんね。どこの位置に行こうとするかでレイアウトも変ります、人の配置が変るからです、よ~く話し合いたいところですね!!

2013.11.12

・40代の男性

「リノベーション会社をブランディングしてほしい!」

「どこが終着点なのか、最高点なのか、そこが見えてこないんです。」 プロデュース会社さん、ということになると思うんですね、やはり社内にデザイナーがいるか、1番はデザイナー本人がプロデュースを担当すべきでは、と思います、デザイナーの発想力やデザイン力、そして人間力が大事だと思うんです、まず、デザイナー確保に重点をおく必要がありそうですね。

2013.11.8

・40代の男性

「100年続く鳥店の2号店のリニューアルと本店移転について。」

「2号店の1部の内装を考える上で、次の本店新築との関連をどう考え進めるべきか意見が聞きたい!」 現在の2号店の状態は確かにリニューアルが必要なくらいに老舗感が出ていないですね、そこで唐揚げ店として運営するにしても名前は揚げるのだから、ある程度の品格が必要に思います。本店はあくまで本店として、2号店との関連性は絶対条件ではないと思います。いずれにしても、1つずつのお店として品があり、しっかりした作りで、出来る限り安い値段で提供することが大切な気がしますね。だって売り上げの80%は業販(業者への卸)なのだから、発想の転換があってしかるべきなのでは?ですね!

2013.11.5

・40代のご夫婦

「店舗(エステ全般)付き住宅の新築をしたい!」

「マンションでやっていたのを移転拡張とし、住宅付きにしたいんです。」 先ず、お客様導線と視線に対するレイアウト力がモノを言いますよね、あと売り物に水を選ばれているのもステキなので、ドリンクサロンとガーデンテラスなどの提案もステキです、風水にも気を遣われているようなので、普通よりも時間をかけて進めるべきですね、RC造を希望されてるのでおおよそ1年半くらいオープンまでに必要だと思いますよ!

2013.11.4

・30代の男性

「店舗(ドッグサロン)付き2世帯住宅を新築したい!」

「土地の候補が3つあるのですが、どこにどのように建てれば予算内で収まるでしょうか?」 1つの土地の価格が建築費と合わせてもいけそうな感じがしました、リアルにはエレベーター付きの木造3階建てにするパターンが良いように感じました、ラフ案を大きな意味で作成して、融資機関に提出するのが早道ですね、ご縁ができると良いですね!楽しみにしております。

2013.10.30

・30代のご夫婦

「カフェの2号店を考え始めたい!」

「1号店は成功していて、もうできることは全てやれた想いがあるので次に行きたいのですが。」 1号店よりも大きな物件(多い客席)でないと満足がいかないはずなので、物件探しが少々時間かかるかもそれませんね、それも含めて楽しむ気でやってください、注意すべき点も経験者の方なので今のところ何もないですが、候補があがったら見せてほしいですね、工事に不利なことがないかとかは心配なので、是非!!

2013.10.30

・30代の男性

「トリミングショップ付き住宅を新築したい!」

「どれくらいの坪数を想定して土地探しを進めれば良いでしょうか?」 トリミングショップもドッグフーズ販売やホテルも併せ持つとなると大きさもそれなりに必要ですが、トリミングだけであれば小スペースで良いので、全部が住宅と、考えても大丈夫かもしれませんね。4LDK+ワンルームと考えれば建物が平屋で35坪くらい、建ぺい率60%なら土地は60坪くらい、が目安ですね。(2階建てにして土地を小さくする発想もありますね)。

2013.10.18

・30代の男性

「市街化調子区域で戸建てカフェを新築したいんです。」

「ローコストに、その上、カッコかわいく、作るテクニックについて話し合ってみたい!」 浄化槽の設置問題や農転、確認申請や人街条例、いろんなことをかいくぐって作り上げるために発想が大事になってくるのですが、小さく、天井を高く、中2階や中地下やら、面積を少なく建築することが大切ですね、その上、見え方もカッコいい!となるのは、アイデアの結集がほんと大切ですよね、やってみましょう!!

2013.10.15

・40代の男性

「駐車場の変則バージョンのデザインを!」

「世間にまだないものを考えているのでデザイン面で協力してほしい!」 なるほど、ステキな計画ですね、ここで事細かに書くことはできないと思うので伏せさせて頂きますが、実現できれば画期的ですね、出来る限りローコストに考え尽くさせていれば世間は大きく反応してくれると思います。楽しさそうなので、こちらこそ楽しみにしております。

2013.10.14

・40代の男性

「耳鼻咽喉科医院に内外装デザイン!」

「進んでしまっているのですが、どうにも納得いかなくて(遠方)」 時間的な制約が厳し過ぎますね、どうにもむづかしいです。内外装でデザインを建築を痛めずに修正することもできたし、確認申請に影響のない方法もあったかと思うのですが、う~ん、さすがに時間が無さ過ぎますよね。やってみたかったな~!

2013.10.14

・30代の男性

「美容院のロゴやマークをデザインしてほしい!」

「居抜きで手に入れた美容院のロゴとマークを一新させたい!」 リメイクを担当される設計者の方や工務店さんサイドではデザインは不可能なのでしょうか?イメージ統一のためには、分離されてしまうとむづかしいんですよ、設計者さんの意図を汲み取る、という立場にない気がします、今回は辞退させてもらった方がみんなのためにもまとまりが出て良さそうですね。

2013.10.2

・40代の男性

「フットサル場2面プラス観客席+ドリンクバー」

「こどもたちや親御さんたちにフットサルの世界を通じて触れ合いたいのです。」 立地は少々悪くても良いけど、健全なムードのある街並や、地域の方々にもわかってもらえるようなあり方が適当かと感じます。そういう物件に出会えさえすればすぐにでもやれそうですね、運を天にお祈りしてみなくっちゃ!ねっ!!

2013.9.30

・50代の男性

「歯科医院の新築をやり直したい!」

「設計手法がどうにも納得がいかないので・・・。」 お付き合いしてきた事務所さんとの関係に問題がなければ、こちらにはまったく問題がないですよ、建築条件付きの土地だそうですから、工務店さんにももっと協力を求めて進めて行くといいですね。デザインのことはお任せを!!100坪の歯科医院って、ずいぶん大き過ぎませんかね~?(ちょっと何故?って感じはしますよ!)

2013.9.26

・30代の男性

「250坪の土地をどうにかしたくって!」

「3分の1の土地を貸してしまっているのがネックで、、、。」 よっさんの手に余る内容なので、知人のプロに聞いてみてみます、それで縁ができそうなら、是非、デザイン参加させてくださいね!でも、マンションとかって計画となるとまったく数字的なあり方がわからないのですが、それでもデザイン参加させてもらえますか~(苦笑!)。

2013.9.12

・30代の男性

「千葉県:クルマ関連施設とカフェバーと住宅を新築したいのですが、遠方ですが受けてもらえませんか?」

「店舗付き住宅をカッコよく、柔らかく作ってもらえるデザイナーさんを探し続けていたんです。」 千葉県なら、近いものです、もちろんメールやスカイプ率は増えると思いますが、先ずは気が合うかどうかが大事なことになると思うので、先ず、スカイプを1回やってみましょうか?その後、ご縁がありそうとなったら千葉まで行きますからね!先ずはお見合い、ですね。

2013.9.5

・40代の男性

「通信系の会社のホームページを作ってほしい!」

「別会社や別組織の存在も大義名分をはっきりとしてつくりたいのですが。」 大丈夫ですよ、いろんなお話を聞かせてもらえればいけますよ!ホームページを持つ目的とテーマを決めることが実は大事なころになるので、ほんとたくさんお話ができる時間を取ってくださいませ。うまく行きますとも!!

2013.9.4

・40代のご夫婦

「喫茶既存店の看板屋やメニュー帳、ホームページも作りたい!」

「とても繁盛できているのですが、もっとお客様にわかりやすい、親切なお店でありたいのです。」 とっても良い考え方をお持ちで、地域の方々はさぞ喜んでくれていることでしょうね。こういうことはもっと多くの地域が人に密着した構想を持って進めてほしいと思います。ロゴやキャラクターも作ってみましょうね、頑張りましょう!!

2013.8.27

・30代の女性2名

「外食産業に参入したいので協力してほしい!」

「フランチャイズ参加の経験はあるのですが、自社開発したいので協力してほしいんです。」 意外な職業からの参入なんですね、びっくりしました!でも、そういう時代なんですね、こういう業態をコンセプトバーとかおたくバーとかって言うのかな、やったことないですが、むづかしさは特に感じないので、物件候補があがったらラフ案をしてみましょうね、そんな時代なんですね~!!

2013.8.26

・40代の男性

「自社保有のビルや倉庫を賃貸物件として企画・デザインしてほしい。」

「いくつも賃貸化可能の物件があるので総合的に企画してほしい。」 う~ん、これはむづかしいです、やったことがないことはやってみたい主義なのですが、不動産やコンサル的な要素が濃いので、無理っぽいですね、ごめんなさい!おもしろそうですよね、デザイン分野で必要なら横浜でも大丈夫、行きますよ~!

2013.8.22

・40代の女性

「10坪の土地の家づくり」

「設計・施工の工務店さんは決まっているので、デザイン提供をお願いできないでしょうか?」 もちろん構いませんよ、ユニークな提案をさせて頂きます、個人住宅に限ってはお見合いと思っていまして、最初は無料プランとさせてもらってるので、平面計画図と模型を提出させてください!狭小となるので、基礎工事で隣地に負担になる設計をすると地中にばかりお金をかけることになるので、思い切ったデザインになるような気がします、そこを楽しんでもらいたいですね!

2013.8.21

・50代の男性

「ゴルフ練習場の改装を企画したい!」

「何から手を付けるのか、判断に苦しんでいる。」 なかなかむづかしいですね、ここまで放置し過ぎてしまうと、費用的にも莫大になりそうで恐くなってしまいますよね、先ず、4工期くらいに分けて、2年間くらいの期間にして投資効率や償却も上手に処理しながら進めないと、1度にはむづかしいというのが僕の判断です。一気にやるにはリスクが高過ぎる、ということもありますよね。

2013.8.9

・30代の女性

「ネイルサロンのロゴ&マークを作りたい」

「今あるものでもいいのですが、なんとなくしっくり来ていなくって。」 マイナーチェンジでいけそうなくらいの内容になっていると思うので、作成されたデザイナーさんに相談をしてみてからが良いように思いますよ。困るようならまたご相談をね!

2013.8.8

・40代の男性

「歯科医院の改装を企画中」

「開業8年目になるので、改装したな!というインパクトがほしいんです!」 いつも言ってるのですが、ただきれいになった改装ではあまり感心できないので、どうせなら今までやれなかったことや、患者様からよく聞いたことのある改善点を整理すべきですね。既存の図面を見ていると個室を作り出すチャンスがあるように感じるので、歯科エステなどのメニューの改善や、自費治療などの費用プレゼンやカウンセリング室にしても喜ばれそうです、やっちゃいましょう!

2013.7.20

・40代の女性

「ドッグカフェ&物販&ガーデンテラス&ゴルフ練習ルーム&個人住宅の新築をしたくって!」

「何から始めたら良いでしょ?カフェ学校には卒業したのですが、ゆったり、じっくりが良いのですが。」 2年くらいかけてじっくり、ってことですね、工期が半年はかかりそうだから実質的な計画期間は1年半足らずですかね、いいと思いますよ。これだけのことを各分野で充実させるとなるとかなりの労力がかかるので、小規模にでも空間はゆったりと、が良さそうですね、楽しんでやれることが大事そうですね。頑張りましょう!!

2013.7.5

・30代のご夫婦

「どうぶつ病院のデザインをトータルに!」

「やっぱり外観のステキさだけじゃなくって、全てに一貫性がある方が良いと思うんです!」 外観を見て、行っても良いかなって考える事って多いですよね、その気持ちを持って頂いたのに、内装がちぐはぐとなればクチコミも逆になってしまいかねないし、印刷物とかもトータルにまとまっている方が信頼性も高まると思います、できることならトータルデザインで、やっぱボギーにおまかせでしょ!(笑)

2013.6.15

・30代の男性2人

「肉料理専門店を開業させたい!」

「事業計画のところから見て欲しい」 大型店ですね、パーティー需要も見越したレイアウトが必要だと思います。特徴的な仕掛けになるような要素がほしいところですね、”焼き場”の一部も見せれるようなホテル型ビュッフェなどのパーフォーマンスのある初の試みに取り組んでみてはどうでしょう!?何屋として告知し、何屋と覚えてもらえるのか単純な部分が最重要ですね。

2013.6.13

・50代の男性

「商業地に店舗付き住宅を新築したい!」

「間口が5メートルしかないのでいろいろと工夫したい」 法的なことが多くからむのが商業地での建築の特徴なので、出入り口や避難経路の考え方をしっかりさせることが先ずスタートですね。耐火構造にしないとけない部分を少なくするような考え方を持ちながら進めないとコストアップの嵐の中に入ってしまいます、注意点が多いので経験豊富なデザイナー、設計士、工務店さんが必要ですよね!

2013.6.12

・30代の男性

「マンションのリノベーションに参加してほしい!」

「デザイン分野のコンセプトづくりから協力してほしい!」 ただきれいっていうだけのデザインの役割とせずに、もっと手に入れたくなるようなフックとなる企画を付け加えたいですね。ここでは書けないですがいくつかアイデアがあるので進めてみてほしいですね。採算重視はもちろんのこととして、今までとは違った取り組みを見たいですね!!

2013.5.27

・20代、30代の女性

「フルーツの卸屋がショップを持つには!?」

「売場の企画が弱いと思うのですが、どう進めたら良いでしょうか?」 お話をお聞きしていると、ブランディング活動がされていないので、限界を感じてしまうのだと思います、オープン後の運営をどう続けて行くのかよく考えて、準備としての設計をしておく必要を感じますね。うまくすれば新業態としてヒットしそうな内容を含んでいると思うので来店者の立場になって、楽しめる店づくりを目指したいですね!

2013.5.22

・50代の女性

「花屋とガーデニングの設計・施工店のオフィスを新築したい」

「土地の活用も合わせて考えてほしい!」 スクールなどの施設づくりや、リラックスしてもらうためのカフェ的な要素など、盛りたくさんになりやすい構想だと思うのですが、あまり人件費がかからない道を選んでおいて、あとから付き合い計画した方がいいと思います。経験のないことを合わせて一気に行きたい気持ちはわかりますが、少々リスクが高い気がしますが、どうでしょう!?

2013.5.18

・50代の男性

「今ある邸宅を手放して両親のための家づくりをしたい!」

「古屋付きの土地を購入してリフォームするか、新築するべきか?」 現在の家が大き過ぎることと2階建てであるということからの引っ越し案ですよね、それと病院のそばにしてあげたいということなので、とても良いことだと思います。どちらが早く完成できるか、だと思います。物件情報をよく見てからタイムスケジュールを考えるという両面でいいと思いますよ。リフォームの方が総資金は少なく済む傾向にあると思うのですが、、、。

2013.5.17

・40代の女性

「学習塾を移転させたい!」

「こどもたちが明るくなれるような施設づくりがしたい」 どんな指導法をとっておられるのかをしっかりと把握させてもらって、じっくり考えたいと思いますが、やはりステイタスのあるような、憧れとしての場所として設定していきたいとは思いますよ、差別化をどう見せるかがテーマですね。

2013.5.14

・40代の男性

「○○○店併用住宅の新築を考えたい!」

「設計施工会社と進めてきたのですが、デザイン提供は可能でしょうか?!」 もちろんできますよ、相手様とは契約はされていないようですが、契約をしていないと言ってもお世話になっているわけですから、施工は引き続きお願いする方向を維持して進めるのが良い事のように思います。みなが良かった!と言える完了を迎えられるように努めたいですね。

2013.4.25

・30代の男性

「現在あるHPをリニューアルさせたい」

「お店移転につきHPもイメージを変えたい」 今のホームページにもう少し患者さん目線を取り入れたらどうか、 キャラクターを生かした親しみやすいホームページにしたらどうか ということを提案させていただきました。その他にも看板デザインの 話になり、隠れ家的なイメージを大事にしながらも 患者さんの誘導を考えた看板デザインのあり方をお話しました。

2013.4.24

・40代の男性

「役立つ商品を紹介する会員様限定HPを作りたい」

「1つ1つの商品をどうHP上で紹介したらよいか?HPをわかりやすく表わすにはどうするべきか?」 商品ただただ紹介するHPではなくきちんとブランディングが必要ですね。キャッチフレーズになるような言葉、HP上をわかりやすくそしてかわいく飾ってくれるキャラクターなど、 また商品の見せ方や売り方は商品によって変わっていきますね。ネットショップにしたり、お問い合わせフォームから注文して頂いたりなど、トータル的に企画をつめてからデザインを進めて行きましょう!

2013.4.15

・40代の男性

「どんぶり専門店もデザインが必要です!」

「こどもたちが、食べた~い!って言ってくれるお店に!」 いいですね~!こどもたちが行きたい!って親の手を引く姿見ますよね、おもちゃコーナーとかゲームセンターで、あの光景が飲食店界隈でもしできたとしたら繁盛店間違いなし、ですね!こどもをお金を落とさないグループとしないで、取り込む方向性も大事だとよっさんは思うな~!!

2013.4.13

・40代の男性

「倉庫をリノベーションしてジム経営を考えたい」

「自家所有の建物を使うか、それとも自家農地に新築するべきか!?」 収益性がはっきりしている建物を壊すのは、いかにも冒険、農地側に新築する事を勧めたいですが、現在所有の家賃収入を捨ててリノベーションしようとする倉庫の立地も魅力的なのも確かですね。悩ましいところですが、投資の差はあるますが、やはり農地側が正しいと感じますね。デザイン・運営の魅力でマニアなお客様を集客できるはずなので、進めてほしいですね。

2013.3.21

・30代の男性

「子会社でスポーツ施設を作りたい!」

「内外装のデザインがうまく考えられなくて」 ロッククライミングの大型施設のお話でしたが、正直、中途半端なところまで内装工事を進めてしまっていて、照明効果やリラックスのための空間など、ムードの設定ができていなくて、いかにもクライミングだけ、という形式になってしまっていて、新業態的には見えない状態にまでなっていました、もっと早く声を掛けて欲しかったですね、お金をかけなきゃできない、って言わなきゃいけなかったのが辛かったです!早くプロに相談を!ですね!!

2013.3.11

・20代の男女と母親

「カフェ付きの薬局をオープンさせたい!」

「どのように進めれば良いのか全体的に教えてほしい」 薬事法や保健所の関係でカフェ付きとはできないので、イメージを統一したデザインを生み出すようにする方向ですね。デリバリースタイルで料金を取らない、サービスの一環として提供するようにする方法もありますね。どっちもメイン事業なので、店名も分けて運営しますが、ワンオーナーの見せる見せ方でデザインを進めてみましょう!

2013.3.1

・30代の男性

「店舗付き住宅を土地探しからやっています」

「いろんな角度の相談をしておきたい」 人・モノ・金・遊。1つ1つ丁寧に情報を集めて、整理し、事業計画を明確にして資金調達に挑む必要があるんです。ここで遊とは、将来のビジョンですね、どうなっていたいか、それがなくて事業計画は成立しない、という意味ですね。モノのカッコ良さばかりに注目せず、未来に注目して活動してほしいと思いますね。

2013.2.13

・40代の女性

「住宅リフォームをまとめてほしい」

「家族の意見を1つのまとめて形良くしたい」 先ず、みんなの声を聞いてみないといけませんね。できることは1つしかないわけなので、誰かが何かを妥協するということも出てくるのでしょう。しかし、それでは当たり前過ぎるので、全員が共通して取り組みたいものを見つける、という発想もありますよね、そのへんから考え始めるのも一つの方法ですよね。

2013.2.13

・40代の男性

「チェーン店のデザインに参加してほしいのです」

「設計・施工会社ですがデザイン力を提案して行きたいので協力を!」

生意気なことを申し上げて恐縮なのですが、独立以来18年間こだわってきたオーナー直、をなんとか維持していきたいので、今回のお話を辞退させてください。チェーン店がいや、とかという話ではないのです、誤解のないようどうかご理解くださいませ。

2013.2.7

・30代の男女3名

「老舗塗装店のホームページを作りたい!」

「売り物企画から一緒に考えてほしい」 塗装店さんの場合、一般の方にアプローチするには目に見える形での売り物がないのがネックになっていると思うのですが、住宅であれば部屋や部所別に材料や価格の設定を見せたり、素人でもわかる見せ方の仕組みを企画していけば親近感が出てくるでしょうね。やっぱり人(集団)を売りながら、企画も売る、というスタイルで訪問無料相談などの積極性を出して行きたいですね。

2013.1.23

・40代の男性

「プロショップとしてのカフェをオープンさせたい!」

「どんな企画のカフェが自分にあっているのか客観的に意見を聞きたい」 Yさんの持つ雰囲気がこだわりが強い、という見え方が可能な気がしました、なのでカフェカウンターで働く姿を見せつけるような、舞台装置のようなカウンターをデザインし、そこに立たせてみたいですね。結果、プロっぽさにファンが付き、クチコミをアップしてくれると思いますね。メニュー構築から始めるべきですね。

2013.1.19

・40代の男性

「クリーニング店をガレージで!」

「自宅のビルトインガレージをお店に、素敵に!」 競合の多いクリーニング店にとって、何がお店に必要になるのでしょう?接客やサービスや価格はもちろんだと思うのですが、どうせ行くならあそこのお店!と言わせるお店にしてください!まだデザインで作り込んだお店は少ないとは思いますが、だから、こそですね!

2013.1.16

・30代の男性

「戸建て居抜き物件を使って大型のカフェにしたいんです。」

「予算の中で最大限のデザイン効果を発揮したいのです、接客重視+αとして!」 立派な建物ですね、駐車場の台数も客席数の半数を越えているし、競合店らしいもののない地域なので、不安になりやすいところもありますが、ようやくわが町(村)にも!ってきっと歓迎ムードだと思います。ただし、何よりもサービス、接客ですね、これだけが注意点でしょうか!?

2013.1.16

・30代の男性

「カフェ付きの住宅を新築したいんです。」

「ボギーさん設計のあるお店に2階があるようなイメージなのですが。」 なんだか嬉しいっすね、そういう見方で見てくれてる人もいてもらってるんですね。RC造にすると割高感がでる面積は60坪以下でしょうか?なので住宅付きだとすればオールRCも考えようですね、進めてみてはいかがですか?ワイワイ1年くらいデザイン期間にしても良いですよ~!

2013.1.12

・30代の男性

「新築住宅の一部をイベント会場のようにしたい!」

「20帖くらいの広さで作れるでしょうか?」 床の高さの変化や、天井をなくしてしまう、などの目線の変化をとったり、照明の効果を操作したり、変化を付ける方法はいろいろあると思うのですが、イベントをして、何を生み出そうとしているか、その運営目的が見えないとデザイン活動は厳しいですね。何もしない、が答えになる場合もあるかも知れませんね。

2013.1.10

・40代の男性

「らーめん店を居抜きで開業させたい!」

「厨房を残して、あとは改装をしたいのですが。」 問題は雰囲気づくりと、外観が人を惹き付ける、ということになると思うのですが、どんな現状になっているのかが費用にも大きく関わるので、慎重に進めてほしいと思います。ただ開業に関わる費用の大きな部分を占める厨房器具が揃っているのはありがたいですよね!立地が気に入っているのならゴー!でいいのでは、あとは企画とデザインを詰めて行けば良さそうですね。

2013.1.5

・40代の男性

「ある大企業の社員食堂のデザインを手伝ってほしい」

「日本を代表するような食堂を作りたい」 何千人という従業員の昼食をトラブルなく維持するには厨房計画とホール上導線がよくマッチしていることと、リラクゼーションや目や耳で得る心地安さなど、今までに確立できていなかった要素を作り出さないといけないですよね。あまり奇をてらうような発想ではなく、男性、女性、老若、分煙、仮眠などを加えながら、見た事のないシステムもからめて考えて行きたいですね。

その他の活動について

graphicco Gon Gari Gari Acchi Kocca roomic note
(株)スーパーボギープランニング
名古屋市千種区見附町1-3-4 052-789-1343
Copyright © 2014 superbogey All Rights Reserved